歴史と伝統

今から約80年前の1941年にソルバー社は始まりました。創設者のガスタフ氏はある週末の休みにキーラニーにあるギャップ・オブ・ダンローという景勝地に家族と一緒に行きました。ガスタフは多くの観光客が美しい土地のランドマークに魅了されていることに感銘を受け、彼はアイルランドの歴史や伝統にインスパイアされたアイリッシュジュエリーの制作を始めました。

彼がダブリンのハルクコート10番地でジュエリービジネスを立ち上げた時はどのように展開していくのか想像できませんでした。当時、たった2人のスタッフだったのが、彼の会社は美しいケルトとアイルランドの歴史が込められたアイテムを作る会社として評判が上がっていきました。彼は、アイルランド原産のユニークな大理石であるコネマラ大理石をブローチに使った第一人者にもなりました。

二人の息子、トニーとニッキーが60年代に入社し、更なる会社の発展に貢献しました。トニーはデザインのインスピレーションを高めるために世界中を旅し、ニッキーは様々なイベントに参加したり顧客を訪れたりし、顧客との関係性の強化をしていました。2002年には孫のマルカスが入社し、現在はクリエイティブディレクターをしています。

80年前に創設されたハルクストリート10番地
マルゴとガスタフ 創設者のガスタフと愛妻のマルゴ
熟練の技と創造性で作られるジュエリー

アイルランドのシンボルと歴史

ケルト十字

アイルランドの信仰のシンボル

クラダ

愛と忠誠と友情のシンボル

アイリッシュハープ

アイルランドのアイデンティティと誇りのシンボル

シャムロック

エメラルドの島と呼ばれるアイルランドのシンボル

生命の樹

家族とケルトの伝統のシンボル

トリニティノット

永遠の愛と生命のシンボル

セントブリジットクロス

古代アイルランドの守護のシンボル

コネマラ大理石

大西洋沿岸の町コネマラで産出されるアイルランド原産のクリスタル

アイルランドのダブリンの古い通りにあるランプには、エメラルドの島のシンボルであるシャムロックが施されています。ダブリンにはアイルランドの愛すべき様々な物語やシンボルが詰まっています。

アイルランドの人々はアイルランドに誇りを持っています。ソルバー社が創立された80年前のダブリンの街並みは現在とは異なっていますが、歴史は変わりません。ダブリンには、偉大なるパブ、イキイキとした文化、素晴らしいお店、魅力的なアイリッシュ料理、そして世界的に誇れるギネスビールがあります。ダブリンは、世界的に有名なトリニティカレッジ、スティーブングリーン公園、美しい協会、そしてソルバー社のアイルランド政府造幣局の認可を受けるダブリン城があります。

アイルランドの物語、シンボル、アート、そして伝統は、創設者のガスタフがキーラニーを訪れて以来、ケルトやアイルランドの文化に基づいた美しいジュエリーを作り続けるためのソルバー社の情熱とインスピレーションになっています。ソルバー社のジュエリーを購入する時、それは小さなアイルランドやダブリンの歴史を手に入れることになります。